大学オケの学園祭の1日

大学ではオケに入っていたので、学園祭は発表の場でした。といっても、コンサートホールで行う定期演奏会を主な発表としていた私たちにとって、学園祭はカジュアルで肩の力を抜いたお祭の日でした。オープンキャンパス程度の気分でした。
一応、2日間の両日にわたって朝から夕方まで、有志によるミニ演奏会のプログラムが組まれています。確か出演順はオケ内役員の学生が決めるかなにかでしたが、大人数での派手な演奏や、オケが誇る優秀なアンサンブル(パートリーダーや優秀な奏者の出演、綿密な練習で真面目に披露しようとしている部員たちなど)を当然ながらお客さんが一番集まりそうな日時に割り当てていました。
なので、下級生の「有志での演奏デビュー」とか、半分ふざけた集まり(アニソンのメドレーやら演奏ではないパフォーマンスが入っているやら)のような輩は、朝1番の時間帯や土曜の昼時などに追いやられ、閑散とした中で、後者は部活内の嘲笑を買ったりしていたものです(笑)
お客さんを集めての部員全体での演奏の催しもあって、普段は決して演奏しない映画のサントラに挑戦したりしたのは思い出深いです。