大学サークルでの初めてのキャンプ

私は大学受験の際に一年間浪人しました。その影響もあって合格後にサークル内で、特に二年生の人達とうまくコミュニケーションが取れず微妙な関係にありました。
そんな状態で夏休みになり、そのサークルで恒例となっている夏キャンプが行われることになりました。他県の某キャンプ場へ向かい、近辺のボーリングやレジャー施設を周りました。
案の定と言うか、そのときまでは私はあまり楽しめずにいました。二年生の人達とはあまり会話をできず、仲良くなっていた一年生や三、四年生の人達との絡みがメインだったのです。
しかし、夜のバーベキューで事件が起きました。私は先輩の車から食料を取り出し運んでいたのですが、川岸で転んでしまい肉を含むいくらかの食料を使い物にならなくしてしまったのです。微妙な空気が流れる中で、私に真っ先に「大丈夫だよ」と声をかけてくれたのが、とある二年生の方だったのです。その人に連動して次々と二年生を中心に私を励ましてくださり、そのときから二年生とも仲が良くなりました。
転んだときは二年生とだけの不仲だけでは済まなくなると思ったのですが、善い人達に巡りあえて本当に良かったです。