大学入試のための勉強時間の配分

大学受験では頭が多少よくなくとも、正しい指導を受けてそれを確実に実行するだけで、世間では難関大学といわれている大学に合格することはできます。

しかし、多くの受験生はこのようなことを知らないので、自分の模擬試験での偏差値に見合った大学に進学することになってしまっています。

私立文系の入試科目は基本的に外国語、国語、数学や社会などの選択科目の三科目が主流です。
難関私立大学は英語の配点が一番大きいので、英語さえ満足な点数を取ることできれば難関大学の入学試験に合格は簡単になります。

つまり、まず難関私立大学に合格したいと思ったのならば、まず英語の勉強時間をできるだけ多くし、選択科目はあまり勉強しないという方法をとることが必要になります。
つまり、時間のない高校生は私立大学での入試で一番配点の多い教科を重点的に勉強することで、他の受験生に比べて効率よく勉強することできるので、そのような生徒は大学入試では他の生徒よりも入試で高得点を取りやすいのです。