大学受験、地理について

大学受験、中でも地理の勉強について私の体験を踏まえ書かせていただきます。
私は、受験勉強を始めるまで地理が大の苦手でした。高校二年時にセンターに類似したマーク模試を受けた際も、100点満点中30点程度しかとれませんでした。そんな私でも本番のセンター試験では、地理で88点を取ることができました。
地理を勉強する上で私が感じたことは、ある程度の量の知識が頭に入るまで、勉強を続けていても点数に表れないということです。私自身、ある時急に7~8割の点数が取れるようになりました。
具体的な勉強方法は、基本はやはり暗記です。ですが闇雲に暗記するのではなく、セットで覚えると効果的です。例えば一つの国の気候と盛んな産業、農作物などは関連していることが多くあります。ですので、気候などの分野を一通り勉強するというよりはむしろ、地域ごとに勉強するという方法を私はとっていました。
最初から得意なセンスのある学生もいますが、そうでない方は私のように地道に取り組むことが大事だと思います。