大学受験での漢字対策について

センター試験の国語では、毎年漢字の問題が10点分出題されます。
また、私立大学や国公立大学でも、漢字の問題が数点分出題されることが非常に多いです。
このように、ほぼ必ず出題される漢字の問題ですが、一方で配点の方はかなり少ないことから、漢字対策をしっかりと行うべきかどうか、悩ましい部分でもあるのです。
必ず出題される以上は、最低限の対策はすべきでしょうが、だからと言ってそこまで漢字対策に時間をかけるわけにもいきません。
元々漢字が得意な人であれば、模擬試験や問題集で出題された漢字を覚えるぐらいでいいかもしれませんが、あまり得意でない人は、薄い問題集でも構わないので、漢字専用の問題集を1冊やっておくことが望ましいでしょう。
大学受験において、漢字問題は軽視されがちな傾向にありますが、漢字問題ができるかどうかで、合否を左右することも少なくないので、万全に対策をする必要はなくても、疎かには絶対にしてはいけないのです。