大学受験で挑戦した外国語学部の公募推薦

  私は大学は英語を学びたいので外国語学部に進みたいと思っていました。
  第一希望の大学は公募推薦での受験でしたが、面接は日本語だけでなくネイティブスピーカーの先生による英語面接もありました。
  私は英語を学びたいと思っていても英語には自信がない方で、今まで高校までの英語の授業で聞いていた発音とは違うネイティブスピーカーの先生の発音を聞いても、何を言っているかほとんどわからずに泣きたくなりました。
  指定校推薦では合格が保証されているようなものですが、公募推薦は自分の実力やしっかりと答えられるかということが重要になるので、もっとしっかりと勉強をしておけば良かったと後悔しました。
  その大学には合格することはできませんでしたが、公募推薦を受けたことによってその後の受験への取り組み方が変わってきたので、合格はできなくても公募推薦で受験に挑戦したことは私にとって意味のあることでした。
  一般入試ではいくつかの大学に合格することができたので安心しました。