大学受験に予備校は必要か

大学受験を目指している人の多くは、予備校に通う人が多いです。
予備校に通えば、各受験科目の指導はもちろんですが、分からないところを講師に教えてもらったり、アドバイザーと進路相談ができたり、自習室を使えたりするなど、様々なメリットがあります。
ただ、一方で予備校に通うとなればそれなりにお金がかかります。
予備校も人によって合う合わないがあるので、予備校に通ってもあまり成果を得られない人もいるのです。
したがって、大学受験に予備校が必要かと言うと、必ずしもそうとは限らないのです。
現に、予備校に通わず独学で難関大学に合格した人はたくさんいます。
ですから、独学でも集中して勉強ができる人であれば、予備校は決して必須ではないのです。
ただ、いくら集中して勉強をすることができても、どうしても分からないところや、独学では理解できないところもあったりします。
そのため、そのような問題を解決できる何かしらの方法は必要になるかもしれません。