大学受験に独学で受かる

大学受験を目指す際、難関校を狙う生徒の多くが、予備校や学習塾、家庭教師など何かしらの学習サポートを受けます。しかし、中には経済的な理由からこうした学習サポートなしで受験に臨まなければならないという生徒もいます。
以下では、このように学習サポートなしで大学受験を目指す人のために独学で志望校に合格するポイントをご紹介していきます。

1.受験校の情報を収集する
大学受験において学力と並ぶほど重要なポイントは、受験に関する情報の有無です。大手の予備校は、大学受験に関する情報量が極めて膨大であり、その情報を活かして出題傾向を読んだりしていますので、独学の場合にも受験校の情報を可能な限り収集しておく必要があります。

2.基礎固めが伸びるコツ
全ての科目において点数を伸ばすコツとして言えるのが、基礎固めです。難関校を目標としてしまうと、すぐに応用発展系の学習をはじめてしまう人がいますが、これでは安定した得点に結びつかないため、まずは基礎を徹底することが重要です。