大学受験に関する一考察

地方の進学校の授業のカリキュラムは国公立大学の入学試験に対応できるように作られています。そのため、学校での勉強をしっかりするだけで、ある程度のレベルの国公立大学に入学できてしまいます。

しかし、都会にあるような難関国立大学に入学を希望する場合には、学校の授業の勉強だけでは勉強の量がまったく足りません。そのため、難関国立大学に進学を希望する場合は、地元の予備校や塾に通うか、それとも自分で参考書や問題集を買って独学で勉強しなければなりません。
しかし、小さな塾や予備校では難関大学に合格実績が少ない所も多いので注意が必要です。
また、独学で勉強するといっても、どの参考書や問題集を使ったらいいのかが受験生はよく分かりません。

しかし、最近では田舎の予備校でも大手予備校と提携して、東京の受験生と同じ講義を受けられる予備校もあるので、そのような予備校を利用することで、効率的に受験勉強を進めることができ、受験ではいい結果を残している受験生もかなりたくさんいるようです。