大学受験のために塾に通うべきなのか

受験のために自分が塾に行くべきか、あるいは子どもを塾に通わせるか迷う方がいらっしゃると思います。私個人の意見としては、昔は無理に通う必要はありませんでしたが、現在はぜひとも通うべきなのではないかと思っています。
昔は塾と言っても、学校での授業と勉強の方法論にあまり変わりがなく、どちらも「とにかく子どもの勉強の時間を取る」ということに主眼が置かれていました。「勉強は質ではなく時間だ」という考えが根強くあったのです。
しかし、今では塾の方がはるかに質の高い勉強の方法を備えているのです。昔とは違い、塾が激しい競争に晒されることで、自然と生徒を難関大学に合格させる手法を編み出していったのです。対して学校、特に公立学校は競争に晒されることなく、大学合格のためだけの授業を行えるわけでもなく、という状況なので、どうしても塾の進歩に遅れを取っている現状があるのです。
私立の高校は塾に近い面がありますので、それぞれのスタイルに合わせて選択していくべきだと思いますが、公立の場合は大学受験を目指すなら絶対に塾に通わせるべきだと私は思っています。