大学受験の場合は現役で合格できない事もけっこうある

大学受験の場合は、受ける学校や科によっては難易度が高い事もありますので、現役で合格できない事もあります。特に難易度が高い大学や医学部や薬学部などの難易度が高い科というのは、合格基準も高いですし、ライバルも多い可能性がありますので1回目の大学受験で受からないということも珍しくないです。
しかし、1回目で受からなくても、次の年にまた大学受験を受ける人もけっこういます。
このように、自分が現役で大学受験に失敗しても、決して珍しいという事ではない事を把握して、あきらめずに次の年もチャレンジする事が大事になってきます。
多くの人がそうしているのです。それだけ大学受験というのは簡単ではないですし、必死に勉強していても1回目で合格できないという事を頭に入れながら目指していく事が大事になってきます。
そういったあきらめない心が志望校の大学に入るためには必要になってきます。現役で合格しなかったからといってあきらめないようにします。