大学受験の小論文

大学受験の時の小論文には苦戦させられました。私はそれまで夏休みの読書感想文や、文集に載せる作文制作にも苦労していた類の人間で、そもそも文才というものがなかったからです。
小論文の体裁だって、最初は全く作っていくことができませんでしたね。文字が足りないのに話が終わってしまったり、きれいにまとまらなかったり、書いているうちに何故か論点がずれていったり。午前中から書き始めて夕方完成させるという、ほぼ一日を費やした小論文は、何故か最初と最後で主張が変わっていたりもしました。
それでも書いて書いて書かない限りは一向に文章力が身につかないということで、やけくそに毎日書き綴って。紙をたくさん無駄にして時間も無駄にして、ようやく何とか基本的な文章を作成できるようになりました。
お陰で今では文を作るのも、かつて程苦手ではなくなりました。小論文など、書いているときはこの先一生使わないスキルなのにと不満たらたらでしたが、なんだかんだで仕事には役立てることができています。