大学受験の意味

昔に比べて、今の時代には大学進学率が圧倒的に増えました。その影響もあり、難関大学と言われる偏差値が高い大学の競争率がとても高いです。そのため、何千と受験生がいる中でも合格することができるのは二百人などと狭き門となっています。そのため、多くの受験生が毎年この狭き門をくぐり抜けるために勉強しています。
この受験というものは、意味がないという見方もありますが、そんなことはまったくありません。なぜなら、学生時代のほとんどは自分のやりたいことよりも、たくさんの大人がレールを引いた中でやっていることが多いため楽でした。しかし、受験は違います。自分で行きたい学校を決めることにより、このあとの人生がまったく変わって行きます。なによりも、全ての人が自分の行きたい大学にいけるとは限らないからです。そのために、この受験があるからこそたくさんの人は自分の目標にむかって勉強します。これにより、入学できる人とできない人がいますが、頑張ったということはみんな共通のため、学生時代の中でも特に意味のあることだと思います。