大学受験の日本史のコツ

大学受験において文系の学部を受験する際に世界史と並んで選択科目で人気が高いのが、日本史です。完全な暗記科目ということもあり、得点源になりやすい日本史ですが、ある程度から点数が伸びないという方も少なくありません。そこで、以下では大学受験日本史のコツについてご紹介します。

1.教科書の徹底
大学受験の日本史で安定して高得点を狙うためには、教科書の内容を徹底して覚える必要があります。特にセンター試験は、原則として高校で学習する範囲から出題されることになっているため、教科書を理解できればほぼ満点に近い点数を取ることが可能です。

2.過去問重視
個別の大学の受験に対応していくためには、教科書の学習と並行して過去問を十分な量解いていくことも重要となります。受験では、かなり大学ごとに出題傾向に差があり、同じ問題を何度も繰り返し出題する大学も少なくないことから希望する大学に合格したいという方は、絶対に過去問の繰り返しを忘れてはなりません。