大学受験の時の友人関係について

私の高校のクラスには真面目で負けず嫌いな子がたくさんいました。普段の友人関係は特に何も問題はなかったのですが、高校3年生になり受験も近づいてくると、雰囲気もピリピリしてきました。

仲の良い友人にも全国模試の後に「何点だった?」とよく聞かれたりもしました。
「○○大学受けるの?」と怖い顔で聞いてきたクラスメイトもいました。
今となっては懐かしい思い出ですが、当時は皆すごいことを聞いてくるなと思いました。

また、塾に行っているのに行っていないという子もいました。
勉強をしていないふりをして実はしていたのです。
推薦で大学に受かっているのに最後まで嘘をついて一般受験をすると言っていた子もいました。

私はライバルがどれだけいようとも、行きたい学部の合格点さえ取れれば受かるという事実だけを考えるようにしていました。
そう考えると周りの友人の成績はさほど気にならなかったので、勉強方法や塾のことも全く隠さずに全て話していました。

色々ありましたが、今となっては全て良い思い出です。