大学受験の時の国語の勉強方法について

私は大学受験の時はとにかくたくさん勉強しました。
私立文系狙いだったので、英語と国語と世界史だけです。
その中でも国語の勉強は特に楽しかった記憶があります。

国語も高校の授業とZ会の教材を中心に勉強しました。
現代文は元から得意だったので、そんなに対策しなくてもそこそこの点は取れていました。勉強しながら色々な文章に触れることができるのは楽しかったです。

受験では古文と漢文も出るので、こちらの対策はまた別です。
教材はZ会中心でしたが、古文単語は「マドンナ古文」シリーズを愛用して覚えました。
古文は単語がわかると結構面白いものです。
古文をきっかけに漫画で源氏物語を読んではまった記憶があります。
また、昔の人たちの暮らしや衣装などを勉強するので、お雛様を飾る時にも興味深いなと思いました。

漢文は苦手なほうでしたが、それでも読み方をマスターすると結構楽しくなりました。
とにかくZ会で色々な漢文を読んで慣れることに専念しました。