大学受験の時の塾の思い出

私は高校3年生からやっと塾に行かせてもらえました。
それまではずっと通信添削で勉強していたので、さらに塾で学べるのは嬉しいことでした。

通った塾はZ会の東大マスターコースです。
河合塾や代ゼミや早稲田塾にはクラスメートがたくさん行っていたので、あまり人がいない所を選びました。
私は早慶上智狙いで東大は受けませんでしたが、志望大学よりも高度な勉強をしておいて損はないと思っていました。

東大マスターコースには優秀な高校からたくさん生徒が来ていました。私の高校は中堅なので逆に目立ってしまっていたかもしれませんが、優秀な高校の子たちに負けまいと頑張りました。

私は国立は一橋大学の後期を駄目もとで受ける予定で、あとは国立大学は受けないつもりだったので、私立文系に絞りました。
そういうわけで塾では英語と国語と世界史を履修しました。
途中から小論文の対策の必要だと思い、別の校舎になってしまいましたが、小論文も受けることにしました。

たくさん受けていましたが、とても充実していました。