大学受験の時の通信教育の思い出について

私は大学受験の時に高校1年生からZ会の通信教育で勉強していました。
周りの友人たちは大半が1年生から塾通いしていたので不安でした。しかし両親がまだ塾に行くには早いのではないかと言うので、通信教育でまずは頑張ってみようと思いました。
通っていた高校は私立だったために学費で精一杯だったんだろうと思います。それでも通信教育を受けさせてくれたことに感謝しています。

Z会では得意な英語と国語を履修することにしました。
まずは問題が送られてくるので、それを参考書を見て調べながらでもいいので提出するという要領でした。
さすがZ会だけあって問題はなかなか難しくて、提出するのに時間がかかってしまったことも多かったです。
それでも答案が添削されて返ってくるのは嬉しいものでした。

やっている時に何回か高得点で冊子に名前が載ったこともあります。そういうことが私の励みにもなり、ますます頑張ろうという気にもなれました。
Z会のシステムは本当にいいと思いました。