大学受験の英語のコツ

大学受験を目指す受験生が国語と並んで避けることができない科目が英語です。英語は得意な生徒にとっては、あまり苦労することなく点数を伸ばしていくことができますが、他国の言語ということもあり、苦手な生徒にとっては非常に厄介な科目でもあります。
そこで、以下では大学受験に向けた英語の点数を伸ばすコツをご紹介していきます。

1.基本は単語
冒頭でも述べたように英語は言語ですので、構成している最小単位は単語です。そのため、何よりも単語を覚えなければ話にならないということになります。大学受験で必要とされる単語数は、4000文字~多くて7,8000文字程度ですので、継続して覚えていくことが重要となります。

2.文法理解と長文読解は一緒に
大学受験を切り抜けるには、日本の英語学習独特の文法理解も必要となります。しかし、この文法理解は単独で行う必要はなく、解説の詳しい長文読解の参考書と一緒に進めた方が頭に残りやすいというのがポイントです。