大学受験勉強の思い出

受験で一番思い出深いのは、やはり大学受験です。
全力を出し切ったかどうかはさておき、やはり人生で一番勉強したと思います。
だいたい高校3年生の一年間、勉強していました。

長期で勉強しているとだんだんやる気がなくなってきます。
うまくモチベーションを保つため、早朝に起きて勉強していました。
最初は夜勉強していたのですが、だんだん勉強しなくちゃと思うと夜すごく眠たくなってしまいました。
なので、早めに寝て、5時くらいに起きて7時くらいまで集中して勉強する時間を取っていました。

また、今ならやりませんが、当時つきあっていた彼氏の写真を見ながら勉強していました。
彼氏が年上で大学生だったので、縁起がいいかなと思ったのですが、親が飲み物を持ってきてくれたとき、見られてしまい、すごく恥ずかしかったです。

受験日は独特な緊張感があり、今でも雪が降っていたことなど思い出します。

結局第4希望くらいの大学に受かり、無事通うことができました。

今思えばもう少し思い切り勉強して自分の限界を見たかったという気もします。