大学就職課の活用法

どこの大学にも就職をサポートするセンターがあると思いますが、今回はその有効な活用法をご紹介します。
まず就職課を訪れて驚くのは、資料の多さではないでしょうか。
学校に来るあらゆる求人や卒業生の資料を集めた場所ですから、その数は自然と膨大なものになります。
入場するには学生の年次は関係ないので、入学した時や就職に不安があったら早い段階で訪れるのがおすすめです。
大学の過去の実績を見たり、就職に関する詳細なニュースを知ることができるので、就活生以外の人にもおすすめです。
就活生ならセンターを通じて求人の紹介があったり、面談や面接練習をしてもらうこともできます。良さそうな案件には応募も出来ますし、面談などは日程を調整すれば誰でも利用できます。最近はネットからでも申し込みできますので、出先でふと利用したくなった時にも有効です。或いは、急に面接が入ったので飛び込みで事前練習をしたい、という時も例外として受け付けてもらえることが多いです。

就活前の段階でもインターンシップの紹介や業界の紹介、就活本の販売など、色々と学生を助けてくれます。
困ったときには積極的に利用するといいと思います。