大学思い出

大学といえばサークル活動の思い出が大部分を占めます。テニスサークルで副会長の役を得て、サークルの運営に真剣に悩んだことが良い経験となりました。テニスというとチャラチャラしたサークルだと思う人はたくさんいるでしょうが、私の所属していたところは少しもそういうことなく、真面目にテニスをする場所でした。入ったばかりのころはテニスをしているだけで、運営の大変さなどまったく考えていませんでした。しかし、自分が一番上となって、人をまとめるという立場に立った時、その困難さを痛感しました。
同じ年代の仲間とも意見や方向性の違いで話合いをたくさん行い、喧嘩することもありました。後輩を動かすのも大変で、どうすれば気づいてくれるのだろうかと真剣に考えました。まさか、テニスをしに入ったサークルで、こんなにもテニス以外で悩むとは思ってもいませんでした。
自分のやり方が正しかったかはわかりません。しかし、試行錯誤で副会長を務めた1年間は素晴らしく充実し、その後他のグループや環境に属した時、その経験が自分を大きく成長させたのだと感じました。