大学時の友人は多ければいいというものではない

中学や高校と同じで、大学に入学してからも友人の存在は重要になってきます。私はそれを理解していながらも、大学生の時はあまり友人を作りませんでした。
私は元々人と接することが苦手で、おまけに大勢の人と一緒に騒ぐことが好きではありませんでした。学部の人と飲み会に行くのもためらうことがあり、人付き合いは積極的ではなかったと記憶しています。
私はどちらかというと少人数で行動することが好きで、毎日一人か二人の友人とだけ接していました。これから社会に出ようというのにこんな人間関係ではいけないとも思いましたが、これが私であり、この個性を潰してはいけないと思いました。私は私で自由に行動することが大事なのだと自分に言い聞かせました。
それに、友人が少ない方が連絡を取るのも楽だし、親身になって話を聞いてくれることも多くなって良いと思いました。大勢の人と友達なることも確かに楽しいですが、少人数での行動にも確実にメリットがあるのだと私は信じ、大学時代は少ない友人と楽しく過ごしていました。