大学時代、アルバイトの掛け持ちをしていました。

私は東京での大学時代、家庭の諸事情で仕送りがまったくなく、住み込み寮で暮らしながら新聞奨学生として働きながら大学へ通っていました。

新聞奨学生は1年ごとの契約で、1年働き通せば学費の返済もなしになります。食事も寮で作ってもらえるので何の不自由もありません。また、寮には他の学生たちもいるので、和気あいあいとした雰囲気の中、生活できます。

なので、困りごとはないといえばないのですが、私の場合、配達部数がかなりあったため毎朝2時半に起床していました。そのため、大学の友人たちと自由に遊んだり夜に飲みに行くといったことがほぼできずにいました。

そこで私は2年目からアパートで一人暮らしし、他のアルバイトを始めるために、大学が夏休みの間、この新聞配達のアルバイトの他に、違うアルバイトも掛け持ちしていました。夕刊配達が終わってからの4時間、修学旅行生向け旅館の残飯整理を毎日行なっていました。

一人暮らしをしたいといった具体的な目標があったからこそできましたが、今思えばアルバイトで忙しい大学生活だったと思います。