大学時代、友人と卒業旅行へ出かけました。

私は大学時代、友人といっしょに卒業旅行でアメリカと中南米を旅しました。

海外旅行へは興味があったものの、仕送りがありませんでした。

アルバイト代だけで生活していた私にはまったく縁がない話だと思っていましたが、社会人になってしまえば、なかなか長期の休日を取って海外旅行に行くことなどはますます難しくなると考え、私は借金して海外旅行へ行くことに決めたのでした。

海外旅行へは慣れていた友人が格安航空券で行こうと提案してくれました。

私と彼はとりあえずロスアンゼルス空港までの往復チケットだけを買い、あとは宿泊先も飲食も現地で行なう計画で行きました。

ロスアンゼルスからバスと電車でメキシコとの国境までたどり着き、あとはひたすらバスで南下して行きました。途中、大渓谷などを見学しながら30時間かけてメキシコシティに到着し、ティオティワカンのピラミッドやルチャリブレと呼ばれる現地のプロレスを観戦して楽しみました。

私と友人はこうした旅行を約3週間ほどかけて行なっていましたが、こんなに長期で行く海外旅行は社会人になってからはできていないので、大学時代の思い出として実行できて本当に良かったと思っています。