大学時代でお金の使い方を知る

私が金銭感覚を養ったり、お金の使い方を覚えたタイミングといえば大学時代でした。
一人暮らしをしている時には親から仕送りを貰ったり、自分でアルバイトに取り組むことによってお金を稼ぐようになったので、自分の力でお金を稼ぐことの大変さに気付きました。
また、自分で自立をしてお金の使い道について知るようになったので、生活費のやりくりについても深く考えられるようになりました。
毎月家賃が結構な出費に繋がっていましたが、食費をなるべく抑えるようにしたり、アルバイトで月に五万円くらいは稼ぐようにしたりと、お金を上手くやりくりをしたり、一ヶ月生活をするのにはお金がどの程度必要なのかを知ることが出来ました。
また、大学時代には生まれて初めてアルバイトをするようになったので、自分でまとまったお金を稼ぐことのむずかしさにとても驚いた思い出があります。
アルバイトは時給にすると千円も満たないですが、お金だけでは無く人間としての礼儀を覚えられたり、たくさんの仲間を持てたので大学時代の良い思い出です。