大学時代でアルバイトを初体験

私が大学生になってから、初めて楽しむようになったことといえばアルバイトです。
高校生の頃までは学校でもアルバイトが禁止されていましたし、アルバイトをしたことは無かったのですが、大学生になってアルバイトを生まれて初めて体験しました。
最初は書店でアルバイトを始めたのですが、店が人員不足でたくさん働かないと行けなくてかなり学業との両立が厳しくなったので、違うアルバイトを始めることにしました。
大学生になって一人暮らしをして自分で生活費を管理するようになったり、アルバイトを始めて自分でお金を稼ぐようになってから、お金に対する価値観がかなり変わりました。
生活に必要なお金やお金の細かな使い道にかなり気を配るようになったり、無駄遣いをしないように節約する習慣がつけたり、大学生の頃はあまりお金にはゆとりが無かったものの、お金の流れや自分が生活に必要とするお金について深く考えることが出来ました。
アルバイトをしたおかげで学外での時間や人付き合いも充実しましたし、大学時代はアルバイトをしておいてよかったです。