大学時代で友達選びの大事さを知る

大学時代、私が大切にしていたことはお酒で失敗しない事です。
お酒で失敗してしまうとあまり良い噂が立たないですし、有意義に時間を過ごすためには自分の身を大切にすることは大事だなと思いました。
また、大学時代には付き合う友だちによって余暇の時間の過ごし方が変わって来ることも多いです。

話す内容や勉強への意識などが違うことも多いので、自分と価値観が合う友達は大切にすることが大事だなと実感しました。
良い友達を持つためには、サークルに出たりいろいろな活動をして人と触れ合う場所を増やしていくことが大切だと思います。
特にサークル活動では歳の離れた先輩と接して仲良くなることが出来たり、賢くて可愛い後輩を持つことが出来ました。さらに、大学時代にはサークルのおかげで交流関係を増やすことが出来ました。
私は立地がそこそこ良い大学に通っていたので、授業の合間や授業が終わった後には甘いものが大好きな友達と一緒にカフェに行って一息ついたり、流行りの店や人気の店を巡ることがとにかく好きでした。