大学時代で生活費のやりくりを学びました

私は大学時代、一人暮らしを体験するようになって生活費のやりくりを学ぶことになりました。
今までは勉強だけしていればよかったのですが、大学生になってからは親からの仕送りと自分でのアルバイト代との収入を考えて、出費や一ヶ月の固定費のやりくりを考えていくという暮らしが始まりました。
最初は飲み会や外食などでお金を使い過ぎてしまって親に泣きつくこともありましたが、大学2年生ごろになるとすっかり自分でお金の管理が出来るようになり、成長をしたなと実感することも増えました。
大学時代は食費にあまりお金をかけたくなかったので、あまり高級な食材や高い野菜やフルーツは買わないようにしたり、節約に励んでいました。
ただ、アルバイトで収入を増やせば生活費を切り詰めなくても済むので、大学が休みになるとアルバイトに精を出して貯金を作るようにしたり、アルバイトで稼いだお金で大学のサークルの飲み会や合宿を楽しんだりとお金を有意義に使う方法を学びました。