大学時代とオシャレの開花

私は田舎から上京をしてきた大学時代、思い返せば最初の頃はとんでもない恰好をしていたような気がします。
田舎に住んでいて周りにマトモな服屋さんも無かったです。

受験生の頃はおしゃれよりも勉強の方を大切にしていたのでオシャレやファッションに対する知識はありませんでした。
しかし、大学生になると周りの女の子は綺麗にしていることも多いです。

やっぱり異性受けを良くしたいという気持ちも出てきたので、大学時代にはオシャレを少しずつ頑張るようにしていました。
オシャレを開花させるために、良い助けとなったのは大学の友達の存在です。
可愛い服を着ていたり、いつもオシャレにしていて垢抜けた雰囲気の友だちからメイクのアドバイスを貰うようにしました。

どこで服を買えばよいのか聞いて服を買うための方法を一から覚えました。
大学時代に生まれて初めて化粧品を取り扱っているデパートのカウンターに行って、化粧の方法や眉毛の整え方を美容部員さんに教えてもらったのは、今でも忘れられない良い思い出です。