大学時代とテスト前の思い出

大学時代、私がいつもきまって寝不足になってしまう時期といえばテスト前のタイミングでした。
私は中学生の頃からいつもテスト前になってから慌てて勉強を始めるタイプの人間なんですが、大学生になってもそれは変わらないままでした。
しかし、大学の勉強はとにかく範囲が広いですし、内容も難しくて大変でした。
特に苦戦したものといえば外国語です。
なんとなくオシャレでかっこいいというイメージから私はフランス語を外国語で選んでしまっていたのですが、授業を真面目に受けていても半端なく難しくて、いつも再試験になっていました。
再試験になると3000円ほど追試のお金がかかってしまうので、結構出費も痛かった思い出があります。
大学時代にはテスト前になるとアルバイトを他の人に変わってもらって休むようにして、ひたすら自宅で勉強を頑張っていることが多かったです。
3科目など一日に複数の試験がある日は徹夜ですっぴんで大学へ行くことも多く、格好悪いですが懐かしい思い出です。