大学時代とテスト対策

大学生になってから、いつも苦戦していたことといえばテスト対策です。
高校生の頃までは先生がテスト範囲を具体的に丁寧に教えてくれたり、テストに出る場所はわかりやすく授業内で説明してくれました。

比較的テストの範囲が狭かったことも多かったです。
しかし、大学時代になってからはテストの範囲が非常に増えます。

内容も高度なものになりますし、先生がテストのためにわかりやすく手取り足取りサポートしてくれることはありません。

テストには自由にテキストを持ち込めるものも多かったです。

が、いくらテキストがあっても根本的に授業の内容を理解していないと解けない問題もたくさんあったりと、大学時代はテスト前の時期になると勉強に追われることがとにかく多かったです。
ただ、運が良ければサークルの先輩からテストの過去問を貰うことが出来ることもありました。
大学時代の友達の間でも過去問を活用している人は非常に多く、過去問をコピーしてくれた先輩には頭があがらない思いでした。