大学時代とバイトの思い出

私の大学時代、空き時間の大半を費やしていたことと言えばアルバイトだった気がします。
一人暮らしをしていたのですが生活がカツカツだったので、遊ぶお金を用意したり、いろいろな遊びを用意するためにはアルバイトは必要不可欠だったのです。
大学時代にはアルバイトを頑張ったことにより、旅行へと出かけることが出来たり、サークルで飲み会を堪能することが出来たのでアルバイトを頑張っておいてよかったです。
授業が無い日にはアルバイトに没頭したり、夏休みや冬休みにはアルバイトに熱中したことは良い思い出になりました。
学外で同じ大学生の友達を持つことが出来たり、アルバイトをしていたおかげで大学時代に他の大学生やいろいろな世代の人との付き合い方を磨くことも出来たので、とても人間関係が充実しました。
アルバイトに追われている時はアルバイトをしなくてもよい同級生の友達を羨んだこともありますが、自分でお金を稼ぐ重みを知れたり、大学生の頃にお金のありがたみを心から実感しました。