大学時代と初めての化粧

私が大学時代、初めて経験をするようになったことと言えばお化粧です。
高校生の頃までは田舎にいましたし、学校ではとにかく校則が厳しかったので化粧をすることは一切無かったのです。
しかし、以前から大学生になったら化粧をしてみたいという気持ちがずっとあったので、大学に入学するまでの春休みの間で化粧を特訓しました。
ただ、化粧は急に上手くならない物なので、大学一年生の頃の写真を見るとやたらアイラインが太い割には眉が薄かったり、アイメイクばかりして他がおろそかだったりと、とにかく化粧が下手なので恥ずかしい気持ちになってしまいます。
ただ、周りの友達も大学に入ってから化粧を少しずつ覚え始めたり、最初は化粧が上手くなかった子も多かったです。
大学ではオシャレな学生に刺激されたり、男性ウケのことを意識し始めて次第に少しずつですが化粧を上達させることも出来たので、大学時代にたくさん化粧を研究したり練習しておいてよかったなと思います。