大学時代と勉強の思い出

大学時代、私が少し後悔していることといえばもっと勉強をしておけばよかったということです。
夏休み前の試験で追試になって再試験を受けたり、単位を落としてしまった時には本当に落ち込んで、後からもっとまじめに授業を聴いたり、勉強をしておけばよかったなと後悔しました。
追試になると1科目あたり3000円くらいお金がかかったので、4つも再試験を受ける必要があった時には猛烈に後悔をしたこともあります。
大学時代はあまり真面目に勉強しないことも多く、試験の前になると慌てて勉強をしたり、レポート提出直前になってから慌ててレポートを書き始めたり、当日になって文字数が足りていないレポートを提出したり、とにかく不真面目だったという記憶が強いです。
しかし、なんとか留年する事無く卒業をすることが出来たのは本当に幸運だったなと思います。
大学に入ってからの勉強は高校生の頃よりも自主性が求められたので、自分のモチベーションややる気を上手く管理することが意外と大変でした。