大学時代と慣れない一人暮らし

私が一人暮らしをする際、辛かったことと言えば一人暮らしに慣れる事でした。
実家で家族でわいわいと過ごしていた生活に慣れていたので、一人暮らしを始めてから家に誰もいない生活は寂しくてたまらなかったり、最初は掃除や料理などの家事を上手くこなすだけでも大変だった思い出があります。
特に料理は全く勝手がわからなかったり、私はからっきし裁縫をすることもだめだったのでシャツの裾がほどけたのを直すだけでも大苦労だったり、一人暮らしでは家事のスキルが求められるので本当に慣れるまではしんどかったです。
大学一年生の初めの頃は毎日実家に電話をして、長時間母と喋っていたので電話代が大変なことになってしまった思い出もあります。
今はインターネットでSNSを通じてやり取りが出来る時代ですが、昔はインターネットがあまり発展していなかったですし、大学時代には実家との電話料金が毎月結構かかっていた思い出があります。
一人暮らしは自主性が求められるので、自分のメンタルを鍛えたり生活力を高めるためには良い経験でした。