大学時代と生活費のやりくり

大学時代、私はあまり貯金がある方では無く、アルバイトで稼いだお金や親から仕送りをしてもらったお金はすぐに使ってしまうタイプの人間でした。
友達から遊びに誘われたり、サークルで飲み会があると知ると参加せずにはいられないといった感じだったので、大学時代には30万円以上貯金できた試しがありませんでした。
ただ、大学時代はお金が毎月カツカツではあるものの、限られた仕送りとアルバイト代の中から生活費をやりくりするといった技術を身に着けることが出来たり、節約にまつわるテクニックを身を持って学べた時間でもありました。
周りの友達も一人暮らしをして親元から離れている子は、お金がカツカツで生活費のやりくりを工夫している子もかなり多かったです。
食費は自炊すると節約できることを知ったり、アルバイトは夜22時以降の時給の高い時間帯を頑張るようにしたり努力をしました。
まかないのアルバイトを頑張ったこともあり、食費は大学時代かなり節約していた記憶があります。