大学時代にカナダへ留学

大学生時代にどうしてもやっておいたかったことに、海外留学がありました。
英語にも興味がありましたが、海外の生活を直に感じてみたいというのが大きな理由でした。
1・2年生の頃は、必死にバイトをして留学の費用を貯めていました。
3年の夏休みになり、2カ月程カナダのバンクーバーへ留学することにしました。
初めての海外ということもあり、不安と緊張で前日は眠れなかったことを覚えています。
実際に海外の語学学校に通ってみると、色々な国から来た留学生とのコミュニケーションもとれました。
英語を使った生活は、思っていた以上に難しかったですが非常に有意義な時間を過ごせました。
また日本人留学生とも交流を図ることもあり、帰国後も色々と留学話で盛り上がることができました。
学生生活は比較的時間を作りやすいので、やりたいことが最もやれる時期の一つになります。
海外のように気軽に行くことができない土地での生活は、大学時代でも印象に残っているイベントの一つになりました。