大学時代に入っていたサークルを思い出す

大学時代に入っていた、イベントサークルについてふと思い出した。
イベントサークルと言うと、クラブを貸し切ってお酒を飲む、というようなチャラチャラしたイメージもあるが、私が入っていたイベントサークルは本当に真面目なインカレサークルだった。
活動内容は、ちょっと工夫を加えたキャンプファイアや肝試し、雪合戦、鬼ごっこ、クイズ大会など、小学生のときにやっていたような遊びを企画し、その企画の参加者を募集して、みんなで童心にかえって楽しもうというもの。1日だけの企画もあれば、2泊3日や一週間かかる企画もあった。たいてい、イベントの参加者は20人から50人くらいで行われていた。
仕事を始めた今となっては、宿泊施設の予約やスケジュール管理、サークル内メンバーとの企画のツメなど、どうってことのないことばかりのことをやっていたのだが、当時は自分の考えた企画で、参加者たちが楽しんでくれているのがすごく楽しかった。すごく懐かしい思い出だ。