大学時代に友人宅に泊まった思い出について

大学1年生の時に中学時代の友人の家に泊まりに行きました。
友人は元はマンションに住んでいましたが、最近新築して一軒家を
建てたので泊まりに来ないかと誘われたので行くことにしました。

友人の家は埼玉県にありますが、なかなか地のりの良い所です。
新しい家も広くて綺麗で、中が整然とされているのにびっくりしました。
彼女は元から綺麗好きできちんとしている子なのですが、恐らく家族全員が
そういう人たちなんだろうなと思いました。

着いた日はまずお昼ご飯を近くのファミレスで食べてから友人宅に向かいました。
彼女の部屋もとても広くて、私の家の部屋と全然違うのでびっくりしました。
しかもきちんと片付いていることにも感心しました。
友人の部屋でお菓子を食べながらゆっくり話しました。

夜は駅前の焼肉屋に行って夕飯を食べてからまた友人宅に戻りました。
私も友人の部屋に布団を敷いて寝かせてもらえることになり、
夜遅くまで2人で恋愛の話や大学の話などたくさん話したのをよく覚えています。