大学時代に小学生の家庭教師をしました。

大学時代にアルバイトで訪問の家庭教師をしていました。小学5年生の女の子を受け持ったのですが中学受験に向けて基礎学力をアップさせたいという親の願いを受けて家庭教師を引き受けました。

小学生の頃は意外と集中力が無いのですが、その子は大人にも負けないくらいに集中力をもっていて私の言う事も素直に聞く子でしたのであっという間に成績は上がりました。私のチカラと両親は褒めてくれますが、本当は彼女の力がほとんどだと思っています。

このアルバイトをキッカケに小学生の学力向上に興味を持ち、今では塾の先生を経て塾を開設するまでになりました。まさか自分の塾を持つとは学生時代は想像もしませんでしたが、アルバイトで受け持った女の子のお陰で人生が変わったと思います。

彼女も今では学校の先生になり中学校で指導しているようです。勉強と言うカテゴリの中でお互いにやりたい事が見つかったのは嬉しいですし、人に教える事で自分自身も何かを得られたのは感謝したい事です。