大学時代に良く世話になったもの

私が大学時代の初めの頃、良く世話になっていたものと言えば恥ずかしながらコンビニの弁当です。
女子大生の割にズボラな性格ですし、アルバイトを終えて帰宅が遅くなっているとスーパーマーケットが閉まっていたり、自炊する気力がわいてこなかったということもありました。

そのためコンビニの弁当をしょっちゅう愛用していました。
ただ、コンビニの弁当は食べ過ぎると体重が増えやすかった記憶があります。

が、手っ取り早く食事を終えられるので一人暮らしに慣れていなかった大学一年生の頃は良く食べていました。
しかし、コンビニ弁当は400円や500円程度することが多く、食費を節約するためにはあまり向かないアイテムでもあります。
大学生活で一人暮らしに慣れてくると食費の節約に目を向けるようになったので、コンビニ弁当は止めて冷凍食品の冷凍うどんを食べたり、自分でゆでたパスタに市販のレトルトソースをかけたり、手抜きではあるものの少し料理を始めるようになり、次第にコンビニ弁当ばかり食べる生活からは脱することが出来ました。