大学時代に行った海外留学の思い出

私は海外での文化や英会話を学ぶために。春休みを活用して海外留学を行っていました。海外では日本とは違った生活習慣であり、今後の国際化社会に役立つように様々なことを体験する目的でアメリカを選びました。
アメリカといえば広大な国土が特徴で地域によって時差が大きいために、場所によって生活のスタイルや言語などが違います。留学をすることで会話のコツや生活方法などを知ることができ、今後の人生につながるような知識を学べたことが思い出です。
1ヶ月間と長く生活をするために最初は不安でしたが、現地で日本語が堪能なスタッフがサポートしてくれるために安心して生活をしました。アメリカは基本と生活習慣が大きく違うために、基本的な知識を理解してから行く必要があります。
大学時代には多くの時間を取れるために留学をすると効果的で、留学をして海外の雰囲気を知ると便利です。私もアメリカで生活して英語を話しやすくなったことや、生活のスタイルを学べたことが良い思い出です。