大学時代に頑張ったこととは

大学時代、苦戦しながらもなんとか頑張ったことと言えば運転免許を取得するために、教習所へひたすら通ったことです。
私は大学生特有の長い夏休みを利用することにし、教習所通いをしました。
ただ、皆考えることは同じで、夏休みの時期になると教習所は本当に混雑しており、大学生くらいの年齢の人がとにかく多かった思い出があります。
大学が始まると学校やアルバイトが忙しいので教習所へ通うのはハードですし、夏休みを利用して免許を取ったり、教習所へ通う友達はとても多かったです。
ただ、私は運転がとにかく怖くて、小心者だったので免許の教習は本当に大変でした。
教官のおじさんから叱られまくったり、たくさん失敗をして周りは合格をしていくのに自分は次に進めなかったり、思わぬ挫折を味わいました。
しかし、大学生の頃に免許を取っておいて本当によかったなと今から考えると強く思います。
就活でも役立ちましたし、免許習得は大学生という若い時期のうちの方が飲み込みも早いですし、叱られてもあまり落ち込まなかったので、大変でしたが免許を取っておいてよかったです。