大学時代のときの同棲生活

私は同棲生活を送りながら大学に通っていました。同棲と言うと異性とのことを意味する場合が多いですが、このときの場合は同性とのものです。海外ではこのタイプの同棲やシェアハウスがメジャーですが、日本においては珍しいのではないでしょうか。
最初に同棲しようとなったときには、一人の時間がなくなることに対する不安があったのですが、いざ行ってみると結構快適なものです。これまでは見せなかったその友人の秘密などを知ることが出来たりし、さらに仲が深まりました。大学での課題も一緒に話し合ったりしながら行うことができるので勉強が捗りました。
しかしながら、多少ですが不便に感じたこともありました。大学においては非常に楽しいことばかりだったのですが、アルバイトなどでストレスが溜まってしまったときなどに、その友人につい冷たく当たるようになってしまいます。また、その友人が勝手に私の知らない友人を連れ込んだりされたときも、悪気はなかったと思いますが、価値観の違いに戸惑うときもありました。
しかし、総合すれば同棲生活はとても良いものでしたので、みなさんも機会があればチャレンジしてみてはどうでしょうか。