大学時代のアルバイトで社会経験を積む

私が大学時代、熱心に取り組んでいたことと言えばアルバイトだと思います。
勉強や恋愛はあまり頑張った思い出が無いのですが、アルバイトをしたり、良い仲間や友達を持って遊びに行くことは頑張りました。
大学時代のアルバイトは複数のアルバイトを掛け持ちをして頑張ったり、連休や夏場などには突発的なアルバイトをして頑張ったこともあります。
アルバイトをする際は社会経験を積むことが出来ますし、学校の中では出会えないような幅広い世代の人と共に仕事を成し遂げるという貴重な経験を重ねることが出来たので、社会に出た時のためにも本当に良い経験を積むことが出来たと思います。
特に飲食系のアルバイトではお客さんへ接客することが多かったので、丁寧な言葉遣いを生まれて初めて真剣に使えるように学び、礼儀作法を意識しました。
目上の人やお客さんとも敬語できちんと話せるようになったり、社会性やコミュニケーションを磨くことが出来たので大学時代にはアルバイトの経験が役立ちました。