大学時代のアルバイトの思い出

私は大学生になってから初めてアルバイトを経験しました。私はコミュニケーションがあまり得意ではないので、接客業はなるべく避けたかったのですが地理的な問題や募集していたアルバイトとの都合上で、コンビニエンスストアでのレジのバイトをすることになりました。
そこでは同じ大学の学生も多く働いているので、会話も弾み最初の不安が嘘だったかのように楽しくバイトを行うことができていました。
しかし、あるとき「クレーマー」が店にやってきました。何の理由もなく私は怒鳴りつけられたのですが、案の定パニックに陥ってしまい他のお客様にも迷惑をかけてしまいます。
そのときはかけつけてくれた先輩方がうまく対応してくれたのですが、私はそのアルバイトを辞めたいと思うようになっていました。
そんな私を見ていてか、とある先輩が「社会に出たときにクレーマーのような人にうまく対応することは必ず必要になる」などのアドバイスを頂き、また励ましてもらい、なんとか続けることにしました。
そして月日が経つにつれ、さまざまなお客さんに対応できるようになり、その経験は社会人になった今も先輩が言った通りものすごく役に立っています。もしあのとき辞めていたら、社会人になってから同じような経験をしたときも辞めてしまっていたかもしれません。当時の先輩に感謝感謝です。