大学時代のインカレサークルの思い出について話します

私は今から19年前の当時私がまだ東京都内の私立大学に通う大学1年生だった時代に大学のオールラウンド系のテニスサークルのインカレサークルに入部してサークル活動を始めました。
私は高校生時代まで柔道を部活動として行っており、高校生時代まで丸刈りの坊主頭で女の子とは全く縁の無い生活を送っていました。
そんな体育会系の男子だった私は、大学を受験する事を決めた瞬間から「大学に入学する事が出来たら、イベント系かオールラウンド系のサークルに入部して遊びたいなあ」と漠然とですが、思っていました。
そして私は大学に合格してオールラウンド系のテニスサークルのインカレサークルに入部する事になったのですが、私がインカレサークルに入部した時の第一印象は、良い意味で「軽いなあ」という印象でした。
テニスサークルという名前こそついてはいたものの、テニスの練習をする事は月に4回あるかないかで、それも都内の小さなテニス練習場でポンポンとお遊びの様な感じで緩い練習をするだけだったからです。