大学時代のゴルフの思い出

私が学んでいた大学では、スポーツの教科もとても盛んでした。
スポーツの学部もあるのですが、その学部に拘らず、しかも必修科目ではないのに、色々な学部の人もスポーツの教科には参加していました。
私が選択していたのは、ゴルフとバドミントン。特にゴルフを出来たことが経験としては大きかったです。みんな初心者なので、学びやすく、ゴルフってこんなに楽しいものなのだということを初めて知りました。
大学でゴルフを学び、ゴルフを知ってから、テレビでもゴルフの試合などがあると必ずチェックするようになりましたし、自主練習も大学の友人たちとやっていました。
大学からですので、それを職にしようという考えはありませんでしたが、就職活動で自己紹介アピールで使えましたし、就職してからも職場の人に度々ゴルフに連れて行ってもらってコミュニケーションをとるということもできるようになったので、この時の経験がとても役に立っていると感じます。
様々なことを幅広く学ばせてもらうことが出来た大学に感謝しています。