大学時代のゼミの思いで

私は大学時代に自然環境に関するゼミに加入し、環境問題について学びました。ゼミでは本格的な知識を学べるために、今後の自然環境を良くするための方法や環境施設などに見学に行くことで新たなことを学んだものです。
ゼミは同じ目的や趣味を持った仲間がある丸ために情報交換をしやすいなどのメリットがあり、様々な意見を出し合うことで新たな刺激や発見を感じました。参加者は意外と男女の比率が同じくらいで、様々な視点を持って意見を交わせることが特徴です。
ゼミでは合宿を行いながら参加者との交流を深めることができ、富士山の景色を眺めながら自然環境について語り合えたことが思い出です。最近では昔ながらの自然環境を味わえる場所が減りつつあり、今後の人生にはどうつなげるかなどを考えたものでこうして15年以上経過した今でも思い起こさせるものです。
ゼミは大学時代にしか体験できないものであり今後の人生にも活かせるために、今後の生活を考えるために必要なことだと感じました。